少し、妖しくて不思議な話やスピリチュアルなコト
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
Asylum Garden
家は岬にあって、床も壁も全てが真っ白…強いて言うなら、ドアノブの使い込んだ真鍮の金具が、差し込んだ陽光に鈍い金色に光っているくらいで……。
薄いレェスのカーテンの掛った窓からはいつも海が見える。
陽光は晴れていても常に柔らかく、北欧の何処か薄ボンヤリした憂欝な気怠さを漂わせている。

さして広い家では無いはずなのに、何故かいつも外界に通じるドアが見つからない。

部屋の中は蛍光灯の神経質な蒼白い光で照らされており、何処かで古い蛍光灯や電化製品が立てる高音と低音と震動音、カチカチと言う接触音が入交じった嫌な音がしている。そんなに長時間ソコにいる筈もないのに、やたらに長い時間、此処にいる様に感じて神経が苛立つ。

そうしている間に、部屋の中の光度はどんどん上がって行く。

刻、一刻ともう、光はハロゲンライトの様なあからさまな明度で陰翳を刈りとって行く。

多元的、もしくは真夏の正午の太陽光の様なフラットさで、影はもう私の足許にしか存在しない。
視界を真っ白に焼かれ奪われていく。

恐怖感はないが、ひどく不安で不快な気持ちになる。

不意に、廊下の向こうに扉が出現し、開け放たれると、色調を掛けた様なウルトラマリンの海が波を逆巻かせ荒れ狂っている。
全ての窓が一斉に開け放たれ、長いレェスのカーテンが風を孕んで一斉にはためく。

晴れ晴れとした嵐が雪崩れ込んでくる。

暴力的な色彩。

公明正大で圧倒的大義名文に似た人工的な正しさ。

別の不快さに眩暈を起こしながら、『あぁ、まただ…』と、思う…。

何が、『また』なのか? わからないが…きっと『また』なのだ。

 彼の地で異端の烙印を受けた種子が御手により再び荒れ地に撒かれる。

 それでも、生きてやる。

 彼女が微笑む。

 神話から神話を渡り、姿と名前を変えて生きる強かで美しい彼女の、誇るべき娘であると微笑う。

 地表は幾度雷と雨の侵略を受けてもそ知らぬ顔で花を満たす。

 烙印のスペルは《Live》

†こんな夢をみた† : comments(0) : trackbacks(0) : 揚翅 (ex. Sister Strawberry) :
薔薇の憶い出
 たぶん、随分昔の話。彼は憶えていないだろう。

 籠の鳥のつかの間の自由。

 あの夜、供も連れずに抜け出した

 細い月の照らす五月の庭で、咲染めたドッグローズの茂みの細く細かい刺にベールを捕られてしまった。

 姿を隠す為のベールを図らずも野薔薇に剥ぎ取られ、かといって、咲き染めたばかりの花を傷つけるのも心苦しく途方に暮れていると、その人が現われた。

 ベールも微細な刺も傷つけず、丁寧に絡め捕られたベールを外す長く繊細な指。月灯りに、濡れた様に光る蜂蜜色の髪。柔らかな金色の曲線の下で殊更柔らかに微笑む優しく静かな瞳。

 言葉も交わさず、礼すらそこそこに、逃げる様に彼から立ち去った。きっとその後も再び遇ってはならない人。

 擦れ違ってもそ知らぬ振りで、優しい笑顔を幾度も傷つけた。

 あの日、恋に堕ちた……そう一言、貴方に告げる事が出来たら。

 あまりに昔の事で、貴方はとうに忘れてしまったでしょうけれど。

 刺ではなく、その甘やかな香りで今も不義理を責め立てる。

 苦く切ない 薔薇の思い出。



†こんな夢をみた† : comments(0) : trackbacks(0) : 揚翅 (ex. Sister Strawberry) :
垣間見
 こんなに 辛い思いをするのなら 

 朱い 紅柄格子の内側から

 手など 差し伸べるのでは なかった


 幾重の薄絹の向こう から

 御簾の内側 から

 アラベスクの格子窓 から

 高い塔の小さな窓 から

 鉄の格子の飾り窓 から


 何度も 見掛けた

 ふと、触れられるような気がして 手招いた

 帰って往く場所があるのだと 知っていたくせに……

 あぁ、そうだ。

 あんときは、腰紐で首を括ったんだっけかねぇ……

 あたら人のモノなんか欲しがるからさぁ

 ほぅら、罰が中った。

 それが咎だというのなら

 恋程重い罪等ありゃせん

 真っ赤な羊が、ほぅれ 垣根を飛び越えた……

 ほぅれ、紅蓮の華が咲くよ。


†こんな夢をみた† : comments(0) : trackbacks(0) : 揚翅 (ex. Sister Strawberry) :
馬の背
 馬の首にしがみついている。栗毛色の光沢のある毛並みの下には熱せられたような血液の廻る血管と皮膚、筋肉組織……それらの熱が、毛並みを通して伝わってくる。

 馬の首に廻した手は、少し頼り無く、その長さから推測するに、どうやら幼さの残る少女らしい。父親か兄か……体格の良い大人の男性に背を預けて、馬の首にしがみついている。

 不安や恐怖感は無く、疾走する馬の体温やその血液の脈動、千切れて飛んで行く風景や体中を撫でる風に昂奮し、酔っている。

 この少女はかつての私なのか、それとも、誰か別の人物の記憶の断片にリンクしてしまったのか……さて……

 ただ、馬の背に乗り疾走する感覚は、暫く心地よい興奮を別けてくれた。

 それは、まだ、世界が正しさで出来ていると信じられた、幼く無垢な魂がこの世界との契約を交わす前夜の話だから……。


†こんな夢をみた† : comments(0) : trackbacks(0) : 揚翅 (ex. Sister Strawberry) :
蛟 (みづち)
 妾(ワタシ)は眠っている。もぅ、随分長い時間、こうして微睡んでいる。和えやかな覚醒と、夢幻の行来を繰り返し乍ら、長い時間を過ごしている。

 その夢の羊膜を破るように、漢の声が響く。
「お前は、独りでそんな場所にいて、淋しくはないのか? 恐ろしくはないのか…?」

 あの漢は何を呼ばわっているのか…? 一体、何を云っているのか……?

 はたと気付く。

 覚醒する。

 妾は穴蔵に横たわっている。いや、穴蔵一杯に長々と其の身を畝らせ、のたうたせる……蛇体だ……。暗い穴蔵の中を見渡すと、百足や正体の解らぬ蟲が蠢いている。そして、暗闇に薄ぼんやりと乳白色の鱗が虹色の燐光を放っている。

 何と云う事だろう、妾は、ワタシは蛇、だ……。

 急にそれら全てが恐ろしくなる……。逃れる為に、必死で外に這い出そうと薄明かりの射す方に進むが、格子の扉で前方は塞がれ、外に出る事が出来ない。絶望感に打拉がれたとき、
 「お前をそこから出してやろう……」
 また、漢の声がする。抑揚の無い、感情の読み取れない声。しかし、どこか懐かしい響き。

 あぁ、此処から出られるのなら……

 「出たいか…?」

 出たい。一刻も早く……

 「ならば、吾が……」

 あぁ、聞き取れない。何を謂っているのだろう……。

 夢が途絶える前に、封印は解かれる。

 垣間見た漢の顔は、いつか、妾を泉に沈めた、あの冷たく美しい漢の顔だった……。


†こんな夢をみた† : comments(0) : trackbacks(0) : 揚翅 (ex. Sister Strawberry) :
約束
 大きな窓を開け、高台の城から見下ろすと、蛇行する河が銀の絹のリボンのように煌めき、空の光を反射している。

 少し乾いた風が、部屋の中に吹き込む。

 振り返ると、正装した若い騎士姿の二人の兄が微笑んでいる。

 アーモンドの花が雪の様に白く咲き誇る。今度の戦が終わればオレンジの花を髪に飾り、貴方方二人の花嫁になろう、と、無邪気な約束をした。

 全ては、戦で失われた。人々も、国すらも……

 今は、もう無い、遠い異国の物語だ。

†こんな夢をみた† : comments(0) : trackbacks(0) : 揚翅 (ex. Sister Strawberry) :
邂逅
 すべて真っ白な建物の中。

 壁一列に椅子が八つばかり並んでいる……。

 椅子にはひとりずつ子供が座っている。
 いろんな肌ノ色、いろんな瞳ノ色…どの子もお人形のように美しいけれど、一様にグラスアイのような感情のない、本当にお人形のような瞳をしている。
「さぁ、選んで下さい。」
白衣の男性に即され、子供達を見渡す。

 ひとりだけ、酷く薄汚れた子供が壁の隅に膝を抱えて蹲っている。脅かさぬ様、注意して近付き、しゃがみ込んで、その子に手を伸ばす。

 さも、意外な様に私を見返す瞳。ただ只、驚いているのだ。愛される事も、愛されたいという期待すらも忘れてしまったような……

「ゴメンネ。見えないフリをしていたよ。気付かないフリをしてたんだ……。」

「では、時間です…」

 扉が開き、日の差し込む明るい渡り廊下を、色を取り戻した世界に向かって、その子の手を握りゆっくり歩いて行く……。



†こんな夢をみた† : comments(0) : trackbacks(0) : 揚翅 (ex. Sister Strawberry) :
回帰
死滅した珊瑚の、

砕けた硝石の、

真っ白く降り積もる明るい……

海の底へ

波の波光と
泡のプリズムが

ダンスしながら

アクアマリンの水と
白い砂の上で

不思議な紋様を描く中を

ぷくぷく

ぷくぷく…と、

ただ、幸福感にだけ抱かれて沈んで行く……

恐怖は無く

在るのは

安寧と
大いなるものへの回帰に震える細胞と魂

暖かい海の底へ

明るい海の底へ

ゆらゆら

  ゆらゆら

    タユタイナガラ

        還って逝く…… 



†こんな夢をみた† : comments(0) : trackbacks(0) : 揚翅 (ex. Sister Strawberry) :
呪い
 山奥の、神殿造りの建物の廊下を武者揃えの数人、水干の男性に囲まれて歩いている。

 十二単は儀式様の正装で、金の冠飾りが歩を打つ度にシャラシャラと美しい音を立てる。《こんな豪奢な衣装は見た事も無い、なんて美しいのだろう…》少女の純粋な感動と感想。美しく着飾った自分に誇らしさすら感じている。軽い高揚と興奮…。

 緩やかな昇りに造られた長い廊下を静々と進んで行く。先が途切れ、階段を二段程下った先に、冷たい泉の水面がある。

 水面に映る自らの影……その装いの美しさ…暫し、陶然と見入る。

 水干の男が近付き、耳元で何かを囁く。振り向き様、軽く肩を突かれ、落ちて逝く……

 唐絹、綾絹、薄絹までも全てが水を含み、緩やかに水底へ誘う……

 水面に男の顔を認める。

 美しく、限り無く冷たい表情の…。

 しかし、一瞬、瞳に映ったものは、憐憫なのか……。

 私を殺す、うつくしいひと。

 さようなら、愛しいひと……。

 民草を救う為などじゃ無い。
 私は貴方の為に贄になる。

 貴方さえ救われれば、此の世など、今滅んだって構わない……


 人は、死に逝く一瞬でも恋に堕ちるものか…。


 私は、あの男を知っている。

 いつか、出逢うべくして出逢うだろう、

 あの男を知っている。

 そして、その男は
 きっとまた私を殺すだろう。

 しかし、それでもいい。
 あの男に殺される事が、唯一、愛の証だと知っているから

 それが、この恋の宿命……

†こんな夢をみた† : comments(0) : trackbacks(0) : 揚翅 (ex. Sister Strawberry) :
昔日
 小さな家。ささやかな、しかし、とても満たされた幸福な暮らし。

 赤みの強い金髪の逞しい男性が夫らしい……。幼く、天使の様に愛らしい金髪の息子。そして、やはり天使の様に愛らしい赤毛の娘。

 家族に朝食をサーブする、ワタシ、は、とても満たされている。頬笑みと笑い声……。

 ……暗転…… 暗闇の中を裸足で、下着の上から1枚、粗末な服を羽織っただけの軽装で、荒れ果てた場所を走っている。

 魔女狩りだ。魔女として追われている……。

 追っ手が迫っている。

 この先は、断崖だ……。判っている……。

『ごめんね、お母さんを許してね…、さようなら…さようなら……。』

 足下が無くなる。白い岸壁を暗い海に向かって、墜ちてゆく。墜ちて逝く……。

 アイルランドの風景を見ると、遠い幸福感に息が詰まる…。いつか、あの場所に帰るのだ……。


†こんな夢をみた† : comments(0) : trackbacks(0) : 揚翅 (ex. Sister Strawberry) :