少し、妖しくて不思議な話やスピリチュアルなコト
RECOMMEND
<< タンタロスより : main : 昔日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
落城
 チャコールグレイのフードつきマントの下は豪奢な重い金色のシルクのドレス。
 結い上げた髪の頂点には冠が輝いている…

 ヒースの茂みに身を隠しているのは3人。チカラのない老人と侍女。

 遠くから重たい馬の駆ける音が近付いてくる。

 彼等は、きっと私を守って死ぬだろう……

 おもむろに、老人の携えた重たい剣を抜く。

 少女の腕には重すぎる剣を振り上げ、ヒースの茂みから追跡者の首を目掛けて、渾身の力で一気に振り上げる。

 ……剣が骨に当たり、砕きながら減り込む厭な感覚……

 五感全てを伴うこの夢は、

 たぶん、初めての意識的な殺人の記憶。

 夢はそこで途絶え、自己嫌悪と罪の意識で目覚めた。

 あの少女は……どうなったのだろう。

 あの少女は、どうしているのだろう……。

 彼女の幸せを、祈っている。




†こんな夢をみた† : comments(0) : trackbacks(0) : 揚翅 (ex. Sister Strawberry) :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://faith-s.jugem.jp/trackback/11
トラックバック