少し、妖しくて不思議な話やスピリチュアルなコト
RECOMMEND
<< 肱 かいな : main : ***INCOGNITO LXX*** @渋谷TRUMP ROOM >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
揺蕩ひつ、さんざめく……
 現状は、誘蛾灯である。

 此ノ岸にて、漂えるモノを幼子の如く拾い集める。

 耳元で、恨み言など……そして、世迷い言。

 境界を溶解させる甘露な幻影と高音の耳鳴り……

 香しき花ノ馨の目眩……

 優しき影・哀しき影の、葬列のごとく、高貴な行列のごとく、
 ただ、静々と、粛々と、玉由良の硬質な音の拍子に合わせて新しき都へと揺ら揺ら、陽炎のごとくに通り逝く……

 あぁ、誰も……けして声を立ててはいけないよ……。

 後ろを振り返らずに進むのが佳いのですよ…と、ふと、優しい声の云ふ。

 それが出来たら……

 もぅ、ただ、瞳を閉じてしまうのなら……

 誰も泣いたりはしないのに……

             『おやすみなさい』

 その、優しくも硬質な玉声は、雪石膏に薔薇色の明かりを灯した唇から冷ややかに言い放つた……



†散文† : comments(0) : trackbacks(0) : 揚翅 (ex. Sister Strawberry) :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://faith-s.jugem.jp/trackback/6
トラックバック